夕方の金星2013.12.25
日が沈むと、南西の空に明るい星がすぐに見え出します。宵の明星、金星です。マイナス4等級の明るさで輝いています。金星は内惑星なので、月の様に満ち欠けをする天体です。現在、画像のような姿になっています。これからますます細くなっていきます。7倍程度の双眼鏡でも、何とかこの姿を見ることができます。

 2013年のまちかど観望会、終了2013.12.7
2013年のまちかど観望会が無事に終了いたしました。

今日、12月7日は夜になっても過ごしやすい気候でした。月齢4の月、最大光度をむかえた金星、国際宇宙ステーションの通過、スバル星団、そして木星を観望することができました。

来年もまちかど観望会は予定しております。第1回は、2014年1月11日(土)を予定しています。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51 P52 P53 P54 P55 P56 P57 P58 P59 P60 P61 P62 P63 P64 P65 P66 P67 P68 P69 P70 P71 P72 P73 P74 P75 P76 P77 P78 P79 P80 P81
[編集]
CGI-design