6日夕方は天宮1号が見られます2013.1.6
ここ数日は中国の宇宙モジュール天宮1号が 0等級くらいの明るさで見る事が出来ます。時間は最大高度時です。

1月6日(日)  17:15 NW(北西)   27°  天宮1号
1月7日(月)  17:41 WNW(西北西) 54°  天宮1号
1月8日(火)  18:08 WNW(西北西) 48°  天宮1号

更に
1月10日(火) 06:33 WSW(西南西) 57°  ISS(国際宇宙ステーション)
         17:25 WNW(西北西) 36°  天宮1号


時間や場所は軌道の変動により変化する可能性があるのでご了解ください。

 明けましておめでとうございます2013.1.1
昨年は、金環日食、金星の太陽面通過、金星食や12月にはふたご座流星群とたくさんの天体イベントで大いに盛り上がりました。皆さんもこの天体ショーで感動された事と思います。

毎月開催されたJR鴨川駅前でのまちかど観望会には常連さんに加えて観光客や城西国際大の学生さん等多くの方に参加頂きました。

また、イベントとしては、鴨川市シーフェスタではフラのダンサー達から星や月のポーズを教えて頂いたり、城西国際大サマーフェスタでは約150名のお子さんと父兄の皆さんと国立天文台からの吉田先生他のご指導での望遠鏡作りと関口教授による講演会、更にはラグりんまつりには急遽参加での宇宙シアターで宇宙旅行を多くの方々に味わって頂いた上に佐藤総監督と縣助教授のトークショーも開催できました。
最後の締めくくりは、12月にめらぼしをテーマとしたNHKBSコズミックフロントの取材対応を行い今年1月24日(木)夜22時に放送される予定です。是非ご覧ください。
今年は、3月頃と11月後半に太陽に接近し大きな尾を見せてくれる可能性の大きな彗星の年になりそうですね。
昨年、今年の宇宙への興味の広がりに後押しされ私たちの目的である公開天文台を具体的にしてゆくべく活動する重要な年にしてゆきたいと思います。
<写真は浦辺理事撮影 元旦の鴨川マリーナの船団、勇壮ですね>

今年も相変わらずのご協力の程よろしくお願い致します。

 『天宮1号』が見えます2012.12.25
 25日クリスマスの夕方18:13頃、SSW(南南西)32°くらいの上空を中国の宇宙モジュール『天宮1号』が 0等級くらいの明るさで見る事が出来ます。
 また、翌々日27日17:30頃にもSW(南西)45°くらいの上空、翌28日17:58頃WSW(西南西)56°でも見る事が出来ます。

 見る事が出来たら、このお問い合わせに感想をお寄せください。このトップページで紹介させて頂きます。

 夏・冬の大三角2012.12.24
当会浦辺理事が珍しい写真撮影に成功しました。皆さんなじみの深い「夏の大三角」と「冬の大三角」が同時に見られた写真です。丁度それらの間には「秋の四辺形」も。なじみの深い三つの幾何学の勢揃いです。
写真をクリックして大きくすると分かる様に線で表示されていますよ!

 すばる写真2012.12.19
浦辺理事の写真が新聞に掲載されました。すばる(プレアデス星団)です。
冬のオリオン座の北西(向かって右上方向)にゴチャゴチャってある星の集まりです。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45
[編集]
CGI-design