5月のまちかど観望会、終わりました2014.5.11
5月10日土曜日、予定通りにまちかど観望会が実施できました。天気は快晴、風も無く、絶好の星見日よりでした。

用意した望遠鏡は、FS128、FC100D、FSQ106ED、SKY90、μ−210、の5本でした。
月齢11の月、木星、火星、そして土星を見ることができました。月面は大小様々なクレーター、木星は本体の縞模様と4つのガリレオ衛星、火星はオレンジ色の表面にうす黒っぽい模様と白い北極冠、土星は大きく開いているリング、などを楽しむことができました。足を運んでくれた皆さん、ありがとうございました。

次回は、7月5日土曜日となります。(6月は当初から予定されていません。)

 5月のまちかど観望会2014.5.8
5月のまちかど観望会は、5月10日(土曜日)に行う予定です。
スタッフは、午後6時半ごろにJR安房鴨川駅西口ロータリーへ集まる予定になっています。その頃に日没となりますがすでに青空には月が見えています。暗くなると、木星、火星、そして土星も見えるようになってきます。
コンパクトデジタルカメラを持参いただければ、月を撮影することができます。携帯やスマートフォンのカメラでも可能ですが、コンデジよりもかなり難しくなります。
今のところ天気予報では晴れマークがありますが、天気が悪い場合には予告無しに中止となります。ご了承下さい。

 春は惑星2014.4.24
空が暗くなると、南東の空には赤っぽい色の光を放っている火星が目立っています。4月14日に地球へ最接近した火星、望遠鏡を向けると、表面の黒っぽい模様や白い南極などが見えます。
西空には木星、そろそろシーズンが終わります。小さな望遠鏡でも、その表面の縞模様を数本見ることができます。
そして、少し時間が遅くなると、南東の空には土星が見えています。リングの傾きが大きくなってきています。
春から夏にかけては大気が安定していますので、惑星向きの季節です。

 2014.4.5
4月5日(土曜日)は絶好の天気で、観望会を無事に終わることができました。FS128屈折望遠鏡、μ−210反射望遠鏡の2台を用意して、月と木星、そして火星を観望することができました。4月半ばに地球へ近づく火星も、表面の模様を確認することができました。
次回は、5月10日(土曜日)を予定しています。月・木星・火星、そして待望の土星を観望することができます。

 4月のまちかど観望会2014.3.31
4月5日土曜日に、JR安房鴨川駅西口ロータリーにて観望会を予定しています。
口径21cm反射望遠鏡、12.8cm屈折望遠鏡を用意して、月と木星、そして火星を観望する予定です。スタッフは、午後6時半過ぎに望遠鏡の設置を始めます。
天候が悪い場合、または都合が悪くなった場合には、予告なしに中止することもあります。ご承知置き下さい。

画像:火星(2014.03.29撮影 口径12.8cm屈折望遠鏡使用 4月上旬に地球に接近します)

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46
[編集]
CGI-design